交通事故による子供の障害

交通事故

 

おはようございます!

世間ではお盆休みに入ってから二日目、ニュースでは渋滞について頻繁に伝えられていますね。

GWやお盆休みなどの連休中は、普段運転されない方も車にて移動される為交通事故が多くなる傾向にあります。

そしてその場合お子様や奥様などご家族が同乗しているケースが多くなるのも特徴のひとつです。

 

特にお子様が同乗していた場合は注意が必要です!

 

交通事故の被害に遭われた方の中に、子供のケガ(むちうち、捻挫、打撲など)や精神的な障害を見逃してしまうことがあります。

大人と違い、子供は自分の痛いところや違和感などの症状をうまく伝えられません。
また、事故の衝撃によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの『こころ』の障害をうまく伝えることは更に困難です。

こういったケースは示談が成立して慰謝料が支払われた後に発覚したり、事故から日が空いてしまう事により因果関係が証明できないということが起きてしまい、大きな損害が保障されない場合があります

万が一交通事故に遭われた際は、同乗者の状態や荷物の損害がどれだけあるかをできるだけ詳細に把握しておくことをお勧めします!

楚々では交通事故に遭われた患者様が安心して治療に専念できる環境を作る為、交通事故専門の弁護士事務所と常に連携しております。

事故で見落としてしまいがちな事や知らないと損をしてしまう事など、どこよりも患者様の立場に立ってサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください

何よりも、交通事故は起きないことが一番です!

安全運転で休日を存分にお楽しみ下さい。

⭐️お盆も通常通り診療中⭐️

ご予約・お問い合わせはお電話で✨

03-3527-1655